ひな人形・五月人形の最新情報やリサイズ(リメイク)に関することを書いていきます。

福井県の老舗人形屋、山田のブログ

人形の行事について

端午の節句について老舗人形屋が解説

端午の節句とは

さて、今日からは人形に関する情報を発信していきたいと思います!

だいぶ暖かくなってきた今日この頃。春は、もうすぐそこですね。

5月5日は、「こどもの日」端午の節句ということで、特に男の子の成長を願って五月人形や鯉のぼりを飾る風習は、みなさんご存知だと思います。

五月人形や鯉のぼりについて触れる前に、今日はまず「端午の節句」についてご紹介したいと思います。

※意義やはじまりには、諸説あります。ここでは、一般的にいわれていることを中心にまとめさせていただきます。

 

端午の節句とは

端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。

それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、また、奇数の重なることをおめでたいとする考え方もあり、5月5日が「端午の節句」として定着していきました。

源流は古代中国

端午の節句の源流は、古代中国で季節の変わり目に健康を願って厄払いをしていたことにあります。

日本でも奈良時代以前には、5月5日に薬草を摘み、災いをうけないように祈る風習が生まれました。

特にサトイモ科の菖蒲は剣のような葉の形と強い根の香りが邪気を祓うとされ、また江戸時代には、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」または「勝負(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「しょうぶ」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。

武家の台頭とともに一層重要な年中行事にもなっていきました。

明治時代に節句行事が廃止されるが...

明治時代に入ると、新政府の方針でそれまでの節句行事が廃止され、新たに国の祝祭日が定められたため、端午の節句は一時衰えました。

しかし、男の子の誕生を祝いその成長を祈る日は、やはり人々の生活の中に深く浸透しているだけに、やがて復活し、今日まで盛大に祝われています。

男の子の成長を祈る大事な行事

端午の節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。

3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着しています。

菖蒲の節句とも

また端午の節句は、その時期に盛りを迎える菖蒲を様々な形でふんだんに用いることから、菖蒲の節句とも呼ばれています。

菖蒲は悪鬼を払うといわれ、家の屋根や軒先にさしたり、お酒にひたして菖蒲酒にして飲んだりします。

菖蒲枕といって枕の下にしいたり、お湯の中に入れて菖蒲湯にもして入ります。

いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐという意味から使われるならわしです。

 

端午の節句は家庭で行う小さなお祭り

端午の節句は、家庭で行う小さなお祭りです。

緑色の毛氈(もうせん)などで室内に神聖な場所をつくって、赤ちゃんを守ってくれる武者人形や鎧兜を飾り、お供え物をしてお願いごとをします。

「健やかに育ち、将来、立派な人形になるように」と。

端午の節句は、長い歴史の中にはぐくまれた、日本の誇る生活文化なのです。

昔の人たちが工夫を重ねてきたように、現代では、核家族化の影響で、おじちゃんおばあちゃんとお孫さんとが和やかに触れ合う機会も減り、家族としての団らんの時さえなかなか取れません。

端午の節句という行事を大切に、出来るだけ多くの機会に集まり、お子様を祝福してあげること、さらにお子様が何歳になってもそれを続けていくことが家族の絆をより深めることにつながるのではないかと思います。

 

今年の5月5日は、お家でみんな集まり、五月人形の前でおいしいご飯やお菓子を食べながら楽しいお話しをしていただければ嬉しいです。

 

 

さてさて次回以降は、端午の節句にはなぜ「五月人形」「鯉のぼり」などを飾るのか?

飾る意義をお伝えしようと思います♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-人形の行事について

Copyright© 福井県の老舗人形屋、山田のブログ , 2020 All Rights Reserved.