リサイズ・リメイク 人形の行事について

リメイク・リサイズの価格事例とイベントの広報

2月の節分も過ぎ、ひな人形のリメイク・リサイズまっさかりです。

去年から何度もメールのやり取りをして成約になる方、2月に入ってリメイクされる方で申し込まれる方といろいろです。

私など昔からせっかちなので、試験はもちろん、何事も近づかないと動かなかったので、皆様用意周到で早くからお問い合わせをいただき感謝申し上げます。

そうかといって、時間が無いとおっしゃってやまだに車でお見えになる方もいらっしゃいます。

早く決めて早くお帰りとおっしゃる方が多いですが、これだけ種類が多いと迷われるとおっしゃって考えられます。

リメイク・リサイズの価格

お問い合わせで多いのは、予算はどれくらい見積もったらよろしいかが多いです。

価格表はとおっしゃいます。

ケースは1万円から申します。

なかなか1万円ではお人形が大きくておさまりません。

2万円から3万円が多いです。

それでも、人形がおさまってOKかとそうでもなくて、背面に模様有りは無いのとおっしゃると製作します。

背面の模様も転写プリントから刺繍(ししゅう)等種類があります。

ご注文をお受けして、ある程度こんな形式でと出来上がってお見積りを出します。

お見積りを出してお客様の反応はおよそ3つに分かれます。

  1. 予算より安くなったから、桜花、ぼんぼりのお道具を新調します。
  2. これでお願いしますとすんなりお決めになる方です。
  3. 思った予算より高くなるから変更する。最初から練り直す。

リメイク・リサイズの方向は変わらないけれど、どうしたら価格をカットできるか、考えます。

できるだけお人形さんの数を変えなくて、ケース、収納箱、ひな段の種類を変えたりします。

正直、お客様もやまだもはじめての仕事なので緊張します。

お道具、ケース、ひな段の価格表はあっても、お客様がどのパーツを使われるかによって大きく違います。

お人形はあるのだからお道具は良いものをとおっしゃると、本金のお道具を探してとおっしゃる方や、屏風は金沢箔の本金屛風をとおっしゃると、それだけで2万円から5万円かかります。

お客様の中には、はっきり私のお人形はとてもいい価値があるから、お道具やケース、収納箱は機能があれば形だけでいいですよとおっしゃる方もいらっしゃいます。

なぜこのようなことをご説明するかと申し上げますかというと、理由があります。

まだまだお電話やメールでご質問を受けるのに、

  • 価格はいくらになりますか
  • 新しいひな人形を買うより高くなりますか

のご質問が多いからです。

それぞれのご予算があってのリメイク・リサイズの仕事になりますので、お気軽におっしゃって下さい。

今の時期になりますと、最初から2万円、3万円がご予算とおっしゃる方もいらして、製作に入りますのに1つの目安になりまして、仕事は早くなります。

春を彩るひな祭りの大阪での広報

2月4日に大阪の福井県大阪事務所の店頭にひな人形を展示してきました。

越前おおの春を彩るひな祭りの広報活動の一環として依頼を受け、ひな祭り実行委員会のスタッフが大野から前日にひな人形を送り、当日にひな人形を展示してきました。

展示中も前を通る人が珍しそうにご覧になって、展示完成後には立ち止まってゆっくりご覧になる方がいらっしゃいました。

大阪はやはりいつもよりは人が少ないように思ったとスタッフが申しておりました。

展示場所:福井県大阪事務所

住所:大阪府大阪市中央区瓦町2丁目2番14号

お近くの方はぜひご覧下さいませ。

時節柄、皆様のご健康とご多幸を祈り上げます。

 

-リサイズ・リメイク, 人形の行事について

© 2020 福井県の老舗人形屋、山田のブログ