ひな人形・五月人形の最新情報やリサイズ(リメイク)に関することを書いていきます。

福井県の老舗人形屋、山田のブログ

リサイズ・リメイク 人形の行事について

リメイクの必要性とてづくりびなのご紹介

ここ数日の30度以上の暑さには、病の方やご高齢の方にはお見舞い申し上げます。それでなくても、8月以降の異常な暑さが9月に入ってもこれだけ続きますと、ばててしまいそうです。

水分を多めにとられ、熱中症に気を付け、屋外のお仕事の方やお百姓さんは適度にお休み下さい。

もう少しの辛抱で、涼しい秋が巡ってくるのを心待ちにしています。

 

リメイクの必要性

現店舗にひな人形をご持参下さって、リメイクをとおっしゃる方もいらっしゃいます。

直接お見えになる方は、福井県近郊の方で、店内で実際にご覧になって、ご自分のひな人形のリメイクをご家族でご覧になって、その場で検討なさる方がいらっしゃいます。

もしくは、お一人でお見えになって、どのようになるか様子をご覧になって、ご自宅に帰られてお考えになる方と、2つのパターンがございます。

今まで数十年飾られていますので、これからあらたに数十年また飾られるので、ゆっくり検討されると良いと思います。

七段15人をご持参下さって2人のみ、5人のみ飾られると、残りのお人形はどうなさるかとはたとお考えになります。飾らなくても、ご両親様がせっかくお祝いにお買い上げになられたからと収納スペースがあるからと、蔵やクローゼットや倉庫にしまっておきますと、お持ち帰りになります。段やお道具は確かに大きいし重いし、場所もとりますので、処分なさる方もいらっしゃいますが、お人形に関してはみなさん迷われます。それで、毎年1月終わりから3月の20日頃まで開催されます、「春を彩る越前おおのひな祭り」に残りのひな人形を展示しますと申し上げますと、それならひな人形を提供しますとおっしゃって下さる方がいらっしゃいます。

やまだ内でお人形15人が離れ離れになるとお持ち下さった方が涙ぐまれたり、ご両親様の形見のお人形だとおっしゃってしばらくじっとお人形とお別れなさったりするのを拝見すると、私共も見るにしのびなくて、残ったお人形を大切にしなくてはと思います。たかがお人形、されどお人形でありますが、一度ご自分の持ち物になったお人形は愛情も愛着もひとしおだと思います。ご依頼の方で、形見のお人形だから大切にこれからも残されたいとおっしゃる方もいらして、気を張るようにしております。

 

「てづくりびな」のご紹介

近年、ご自宅に正統派のおひな人形がある方が多くなりました。

高度経済成長のもと、一般の方がお嬢様ご出産のもと、市場でいろいろなおひな様の中から選択されてご家庭に応じたひな人形をお持ちで展示していらっしゃいます。

何十年に一度のひな人形でそれは大切になされています。

ただ最近、そのおひな人形の横にご自分でお気に召したひな人形、日本国内で旅行されたおみやげの全国各地のひな人形等を飾られる方もいらっしゃいます。

やまだでは、そのようなお方にて「づくりびな」のひな人形もおすすめしております。

ご家族で御祖母様、御母上様、叔母様、従姉妹様がいらっしゃると、それぞれが私のお気に入りのおひなさまを手作りでお買い上げになる方もいらっしゃいます。

やまだでは、ここ十年、そのようなお客様を対象におひな様のてづくりキットを販売しております。

正直、種類がたくさんございますので、ご入用の方はお問い合わせ下さいませ。メールで画像をお送りいたします。

ご要望がございましたら、後日ご紹介申し上げます。

 

重陽の節句の展示完成

9月7日から始まります重陽の節句展で、市内8ヶ所にひな人形を展示してまいりました。

9月8日の新聞2紙の記事を掲載します。

福井新聞の記事↓

中日新聞の記事↓

 

期間も1ヶ月余りありますので、皆様の御来場をお待ち申し上げております。

ひな人形のリサイズはこちら

-リサイズ・リメイク, 人形の行事について

Copyright© 福井県の老舗人形屋、山田のブログ , 2020 All Rights Reserved.