リサイズ・リメイク

ひな人形とリメイク2月半ばの最新情報と色々な手法について

ひな人形

2月半ばのひな人形の最新リメイクの状況

今の時期になりますと、「今年のひな人形に間に合いますか?」が一番多い質問ですが、お客様の選択があれば即製作に入れますので、お問い合わせまたはお人形をお送り下さるか、お人形をお持ち下さってご来店下さるのがベストかと思います。

まだリメイク・リサイズに迷われている方は、ぜひご検討下さい。

ご丁寧な方は、ブログをご覧になって、ぜひ来年お願いしますと現在お持ちのひな人形の飾られたお写真を送って下さる方もありがたいことにいらっしゃいます。

リメイク方法は千差万別

ひなリメイクをホームページ開設して日も浅いのに、問い合わせを多くいただいてありがとうございます。

最近はひなまつりの日も近づいてきたためにリメイクのカタログを送って下さいとか、パンフレットが無いかとのお問い合わせがあります。

最初、開設するにあたって簡単なリーフレットなりを考えましたが、よく考えますと、千差万別でマニュアルや形式のようなことが当てはまりません。

ひな人形15人は一般的なことです。

このリメイクの方法はかなり種類があります。

例えば、お二人と希望されて、ケースや収納箱に飾ってお写真をメールで送らせていただくと、そんなにお家のひな人形が良く見えるならもう三人官女、または五人囃子を追加して置いてみて下さいとご希望が変わります。

もちろん、5人をケースに入れて、スペースの関係で二人(親王のみ)のケースに変わられることもあります。

考えますのに、第一希望の親王をケースに入れて、こちらでケースに入れて1回でOKとはなかなかまいりません。

節句人形アドバイザー3人でこれならと自信を持ってお写真をお送りしても、このひな人形をお持ちのお客様にはまだまだご希望や夢があります。

私はこうしたかった、ああしたかったとご自分のご希望があり、お一人でなくご家族がお二人ならお二人の意見、ひいおばあちゃまがひまごさんにひな人形をリメイクされて贈られる、親子四代それぞれがご夫婦なら8人、ご実家や嫁ぎ先のご意見などお聞きしていると、ご意見もいろいろで時間がかかります。

ラインで送られて一同で一緒にご覧になる方や、メールで送られたお写真を印刷してご意見をそれぞれ述べられる方といらっしゃいます。

これが、例えば生活日用品や赤ちゃんが生まれてベビーカーのお買い上げ等とは違った要素があります。

ベビーカー等は若いご夫婦がプリントアウトされてご持参下さって、このベビーカーを下さいとご指名でみえます。

ひな人形は20年~30年間家庭に大切に飾られます。

ひな人形はなかなかカタログでというわけにはまいりませんで、実物をご覧になる方も多いです。

ご遠方にお方は、メールでお写真のやり取りを何度も行いますのでご安心下さい。

 

ひな人形の選び方

ひな人形は確かに女の子の赤ちゃんのご出産のお祝いに用意されますが、なかなか赤ちゃんのご両親夫婦で決められることは少ないです。

たまにはお二人で選ばれてお二人でお買い上げもあります。

でも、一般的にはご家族の皆様一緒になってゆっくり考えられます。

リメイクなどとなると、なお一層です。

リメイクは若いご夫婦がよく考えられますし、五十代六十代のおばちゃまご夫婦なども賛成しなさいます。

その上の世代(七十代~九十代)のお方は、なかにはご自分のおひなさまをリメイクして譲るとおっしゃる方と、ひな人形はお一人お一人の御祝用品だからとおっしゃる方もいらっしゃいます。

ご家庭によっては、親子三代のひな人形をお座敷に飾られて親子三代の女性のひなまつりを、ひなごぜんやひなパーティーでお祝いなさる方もいらっしゃいます。

ひな人形をリメイクという話になって、ご家族やご親戚がご相談、お話し合いの場をもたれることは、とても喜ばしいことだと思います。

たかが人形、されど人形とある高名な人形作家の申したことですが、一理あると思います。

家族に会話が無くて困っている時にすすめられてペットを飼ったら、ペットを通じて家族が楽しく会話がスムーズにできるようになったとお聞きしています。

もちろん、ひな人形とペットを同一視することはいかがなことかとお叱りを受けそうです。

しかしながら、いずれにしてもご家庭の中で家族会議や家族間の会話が生まれることは、昨今喜ばしいことだと思います。

リメイクするにあたって、ひいおばあさまとひいおじいさま、おばあさまとおじいさま、若いお母さまとお父さまの6人で店舗にご来店下さって、店内を回られていろいろ迷われます。

やまだの店舗にお見えになってご予約があって、リメイクにどれくらい時間がかかりますかとおっしゃいます。

早いお方で1時間から、ごゆっくりされると数時間ですと申し上げると、私たちはそんなにかかりませんからとおっしゃいます。

実際に店舗にご来店されると、これだけひな人形の種類があると迷われるとおっしゃいます。

これは長引くとおっしゃると、時間をかけて何枚か撮影されて人形を置いていかれ、一旦お家に帰られて決定される方もいらっしゃいます。

お近くの方は再度ご来店されて、ひな人形と決定された道具やケースや収納箱をお持ち帰りになります。

これからこのひな人形は最低20年から30年飾られるので、慎重にゆっくりご検討されます。

 

第10回越前おおの春を彩るひな祭りの見所~市役所市民ホールへのいざない

福井県大野市市役所市民ホールでは、3月15日まで大野市内の園児さんの手作りひな人形約300人分が飾られています。

300人のてづくりですと、殿、姫合計600体のひな人形が、にぎにぎしくかわいく幼稚園ごとにテーブルに展示され、市役所に訪れる方々がほっこりゆっくりご覧になっています。

てづくりの一人一人のおひなさまは、一つ一つご覧になると見ていても顔がほころんで笑顔になります。

20段のひなまつりのお帰りにはぜひこちらもあわせてご高覧下さい

人形のやまだはコチラ

-リサイズ・リメイク

© 2020 福井県の老舗人形屋、山田のブログ