ひな人形・五月人形の最新情報やリサイズ(リメイク)に関することを書いていきます。

福井県の老舗人形屋、山田のブログ

リメイク事例

リメイクやリサイズの「流れ」や収納箱の提案事例

ひな人形

最近ご質問で多いのは、

「流れ」はどうなりますか、一連の動きを教えて下さい

とのことです。簡単にリサイズ・リメイクの流れをお伝えしますと、

① 人形や道具を送られる

② ご希望のケース、または収納箱にひな人形を飾って、その写真を送る

③ ご覧いただいて、お気に召されたらお見積りを送る

その間に何度もお客様とのやり取りがあります。
1回ですむ場合もあり、普通で2~3回、多くて10回に及ぶ時もあります。

④ お見積りに納得していただければ製作に入る

このような経緯でリサイズ・リメイクを行っていきます。

12月に入り多くのお客様からお問い合わせ

以前はリメイク・リサイズを現店舗でご相談、ご予約なさる方は、1月終わり~3月始めが多くて、けっこう日が指定されているので大忙しでした。

現代は皆様が計画的に思われているのか、秋頃から来店されゆっくりお決めになる方が増えました。

12月に入りまして、来年のひな節句のために年内にひな人形のリメイク・リサイズをと急がれるが多くなりました。

長年の夢だったリサイズ・リメイクが可能ならば、一年や二年待ってますとおっしゃる方で、ひな人形を送られる方もいらっしゃいます。

せっかくなら来年の3月の節句には間に合わせたいと、微力ながらメジャーを持って倉庫と店舗を日夜行ったり来たりしています。

できるだけお望みになる寸法に、段や収納箱、ケースはないかと探しています。

どれだけケースや段などの種類がありますか?

と問われる方もいらっしゃいます。

およそ70年余の人形専門店では、人形はもちろん道具の在庫もかなりあります。

その中から段や道具を探すのは至難の業です。

一覧表があり商品を把握はしていますが、それ以外の在庫もあります。

なかなか大変で、よく言えばその中から選べる楽しみもあります。

条件の揃ったお道具等があるとほっとし、お客様のお喜びになるお顔と声が届くとうれしくなります。

なにしろ、現在ではありとあらゆる条件に合うお道具の作成は難しくなっています。

市場に職人さんの高齢化と伝統工芸品製作の人手不足です。

以前の7段15人のひな人形をリサイズ・リメイクする時、大きさが合わないことが多々あります。

リメイク事例「84才女性・七段15人」に収納箱を

84才の女性がお一人で7段15人をお持ちになった方が、お年を召されてひな段をどうしようかと思案されていました。

お嬢様にもお孫様にもそれぞれにひな人形をお買い上げになって持ってみえます。

84才の方は、60年余、そのおひなさまを毎年毎年飾ってみえました。

お嬢様とお孫様と三組のひな人形を並べてひなの節句には、家族はもちろんひな人形を三組床の間に並べひなごぜんを置き、ひなの宴が毎年あったそうです。

お若い方のは三段、五段で、和室で座布団に座って展示できるそうです。

84才の方のひな人形は、「御殿びな」といって、御殿があってまず御殿を組み立てるそうです。

その当時の貴重な御殿ですが、なにぶん今のようにはめこみや木組みでなくて、一からの製作です。

高度な仕上げの御殿ですが、なにぶん手間がかかって、いつもご主人と二人で半日かかりでとおっしゃっていました。

御殿が完成すると、ひな人形を置かれるのは奥様の仕事だそうです。

なんとかならないかとおっしゃって、ご夫婦でやまだにお見えになりました。

お話をよくお聞きし、15人の入る収納箱をおすすめしました。

御殿が大変で、人形15人が本命だからとおっしゃって、収納箱をお買い上げになりました。

御殿飾りはやまだに置かれて、ひなまつりに多くの人に鑑賞してもらうとよいとおっしゃっていました。

収納箱に15人飾られて当時の金屛風を置かれると、15人のひな人形のお顔もいきいきと華やいでみえました。

その頃のお道具は、今よりは少なくてちょうど収納箱にのり落ち着きました。

ご夫婦は、これでこれからも手軽に並べられると喜ばれてお帰りになりました。

ちなみに、箱は黒の台で、本金の梅の花が手描きでかかれていました。

刺繍(ししゅう)の台と迷われましたが、お人形の衣裳が落ち着いて色目を古色に近い色あいで、この箱を選ばれました。

人形屋としてリメイク・リサイズをお手伝いさせていてでいて、15人の人形を残されるのは本望で、それでお客様も納得されるとうれしいです。

ただ、そうばかりもいなくて、15人から2人、5人の形が多いです。

その節にはできるだけお人形にあった二段台、三段台、収納箱、ケースにおさめるように、飾れるように努力します。

 

リメイク・リサイズされて、これから20年、30年と引き継がれ受け継がれて飾られるのかと思うと、身が引き締まる思いがいたします。

この人形はこれから何十年飾られて、みなさんでご覧になるのかと思うと、わくわくどきどきします。

現在迷われている方も、リメイク・リサイズまでなさらずとも、私共で何かご提案ができたらと考えています。

なんなりとお気軽におっしゃって下さい。

お待ちしております。

人形のやまだはコチラ

-リメイク事例

Copyright© 福井県の老舗人形屋、山田のブログ , 2020 All Rights Reserved.