リサイズ・リメイク

リメイク・リサイズの10月の現状について

福井県は元来冬に大雪が降り、寒さも一段と厳しく、10月に入ると庭の雪囲いの仕事に入ります。

11月に入ると雨みぞれの日が続き、外仕事が寒くなり、おりをみて10月頃から天気のいい日を見計らって、何日かかけて樹木や家まわりの囲いをして準備します。

今年は例年になく熊が多く出て、外仕事や農作業ができなく困っています。

熊の出没も、山や谷ではなく街中にでます。

大野では、先日市内の建物の自動ドアをおしていたと聞きます。

文教地区では、学校の校庭を横断しています。

隣の市では、熊が人を襲い怪我をする方もでています。

食べ物を探しに街を徘徊するそうで、私共でも庭の柿の木を切ってしまいました。

なかなか山で食べ物がないので、人家をさまようそうです。

サル、イノシシ、ハクビシン等もでてくるそうです。

新聞、テレビ、ラジオの報道もありますが、やまだでは鳥獣被害防止のため爆竹、ロケット花火を販売しているため、お買い上げにみえる方から情報が入ります。

お気の毒に大変だなと思います。

農作物等丹精込めてできた野菜等、被害にあわれて大変だと思います。

先日お話ししていたら、そのお家は夜中もライトで明るくしてらしているそうです。

電気代はかかるそうですが、夜中の被害は無くなったそうです。

その旨を他の方に申し上げたら、やってみますと言われました。

後日、御礼のお電話があり、よかったよかったと思いました。

 効果的な方法がありましたら、みなさんと一緒に共有したいと思います。

 何か良い方法がありましたら、御教示下さい。

 よろしくお願いいたします。

 

リメイク・リサイズの10月の現状

今年は、新型コロナ感染の影響で会社を休まれて、その間に大掃除やリフォームされた方が、数十年日の目を見なかったひな人形、五月人形を探し出されました。

ご家庭で始末される方もいらっしゃれば、なんとかリメイク・リサイズして、来年は飾ってみようとおっしゃる方もいらっしゃいます。

今までは7段15人で飾らなかったから、今度はコンパクトにして毎年飾りたい、とても美しいから通年飾りますとおっしゃる方もいらっしゃいます。

ひな人形や五月人形は御祝用品としての認識から、お部屋のインテリアとして飾りますとおっしゃいます。

通年飾るとなると、ほこりやよごれが心配だから、ガラスケースやアクリルケースに保管も兼ねて飾りますとおっしゃいます。

以前は私共がご説明して、ふんふんとうなずかれていた方々も、最近は情報等をよくご存知です。

リメイク・リサイズも旧式な飾り方の体系にこだわられません。

私は殿と姫だけでよろしいです、屏風の代わりにタペストリーを背景におかれますとおっしゃいます。

三宝のお花は何でしょうか? 私は前に絵巻物や書物をおきます。

桜橘の代わりに紅白梅をおかれます。

スペースがないから、お花は1つでよろしいです。

お花とぼんぼりが一緒になったのはないですかと探される方もいらっしゃいます。

ぼんぼりも、以前は右と左におかれていましたのも、最近は真ん中に1つの方もいらっしゃいます。

ライトアップが無くて、飾りだけでもよいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

まとめ

本日お道具、お人形のリメイクを申し上げましたのは、形式にはこだわらず、いかようにも飾れることを申し上げたかったのです。

元来、古式豊かに7段15人はスチール段を組み上げて、その上に赤もうせんをしいてピンでとめて、上から順に屏風をおいて殿と姫をおいて、残りのお人形をおいて、九品の道具をおいてが正式でした。

それが、今ではご家庭でできる範囲で、スペースにあったご自分のご趣味にあった、思い通りのひな人形、五月人形を飾ることをおすすめします。

おすすめでなくて、みなさんがそのような飾り方を提案され、思い通りにされて飾られているなと実感します。

正直、時代の流れを感じます。

以前は、私共はお人形は15人でお道具は右左にこう飾って、順番はこうでなければならないと、小さい頃から聞いて育ち、そのように飾ってきました。

現在はこだわることなく、いかようにもご自分の思い通りに飾られます。

実際、店内でおっしゃる様に飾ってみます。

あちこちお道具を入れ替えたり飾ってみて、検討します。

そのおりに、そのままご自分で決められて納得する場合と、やはり元通りがよいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 そのおりに、7段15人にはそれぞれ意義があって、一つ一つ由来があってこうなったのねと感心されます。

 リメイク・リサイズをされて、15人を2人、5人にされます。

説明をお聞きになると、それでは残りのお人形もとお持ち帰りになる方もいらっしゃいます。

 お一人お一人そのお家にあった飾り方、収納方法があるのかと思います。

 ご来店されて直接ご覧になってお決めになる方と、ご遠方の方は写真のやり取りでお決めになられる方がいらっしゃいます。

 ご自分にあったリメイク・リサイズをご検討下さい。

 お問い合わせいただければお返事いたします。

人形のやまだはコチラ

-リサイズ・リメイク

© 2020 福井県の老舗人形屋、山田のブログ