ひな人形について

ひな人形を飾ることについて

 やはり9月に入りますと、気候も涼しくなって気持ちも落ち着かれるのか、リメイクのお問い合わせも多くなります。

 ご来店の方々も、夏休みの7月8月に比べてゆっくりとご滞在下さってお決めになられます。

 まだ来年まで時期があるから、楽しいからもう一度ご来店で決めようかしらとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 やまだとすれば、ご遠方をご多忙の中恐縮しますと申し上げると、今留守番をなさっているご家族とみんなで車で乗り合わせてきますとおっしゃいます。

 申し訳なく思いまして、精一杯の努力でもってリメイク・リサイズのお手伝いをさせていただきます。

 これからの長いお付き合いで、今がスタートでこのおひな人形がリメイク・リサイズされて、これから数十年飾られてみなさんでご覧いただけるかと思うと、わくわくどきどきします。

 でも責任を重く感じます。

 なにかしらおひな様も楽しそうに嬉しそうに誇らしげにお座りされて、心うきうきのお顔をされています。

 ご自分のお家に大切になさっていたひな人形が、リメイク・リサイズされてなおいっそう華やかになって飾られることは、これから毎年三月の節句にお楽しみが一つ増えるかなと思います。

 そう思うと、ひな人形は不思議な力を持っていると思います。

 老若男女を問わず、誰もがひな人形をご覧になると、ほのぼのと楽しい気分になり心落ち着いて、ゆっくりご覧になります。

 およそご覧になると、お顔がとか衣裳とか道具とか、いろんな意見がでてまいります。

 まずはともあれ、おひなさんを全体にご覧になるとほっこりとされます。

 このような文化財は、他にはないと思います。

 書や絵画、屏風や花器や茶道具をご覧になって、それぞれの素晴らしさに感嘆の声をあげられても、思わず笑顔が生まれて癒しになったり、心がほっこりされることは、人形までにいたらないと思います。

 人形自慢になりますが、それだけひな人形はそれだけの愛らしさ、よさがあり、それは決して価格でなく歴史でなく価値でもなく、親子様や祖父母様の限りない愛があるからだと思います。

 お誕生日になって周囲の方がお喜びになって、お祝いにひな人形を用意されて宴をひらいてみなさんでお祝いの席につかれます。

 まだ何も分からない赤ちゃんを囲んで、皆様がお集まりになって赤ちゃんの誕生をお祝いして成長を願ってひな人形を飾られて、みなさんでお喜びになるというほほえましい限りの祝い事だと思います。

 そのうえ、その行事が数年のみならず数十年続くとは、とても有意義な催事だと思います。

 よく今年は受験だからお二人だけ飾りましたとか、地方では大雪などのため今年は蔵から出して飾られませんでしたとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 それでも、次の年には何事もなかったかのように、以前のようにひな人形を飾られてお祝いなされます。

 以前、お聞きしたらこのようなことはなかなか海外ではないそうです。

 知る限りでは、クリスマスの日にツリーを飾られることかなとおっしゃった外国の方がいらっしゃいました。

 アジアやヨーロッパでは、祭りの時に祝い事をなさるらしいですが、女の子のお祝いや男の子のお祝いにお飾りして、みなさんでお祝いのおぜんはあまり例がないと聞いています。

 お人形も貴重ながら、お人形を飾って前でお祝いというのは珍しいそうです。

 いずれにしても、自然豊かな日本の四季で1月1日の正月、3月3日のひなの節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句と五節句のお祝いを家族で親戚やご友人とされることは、当座は楽しくお子様にとってもいい思い出になるかと思います。

 幼い頃の楽しい思い出は、大きくなっても当時のことを思い出されて懐かしい思い出となって残ります。

 毎年飾られて、数十年たってもお家が変わっても引っ越しされても、そのお人形が飾られるのは人形も嬉しいと思います。

 リメイク・リサイズされたひな人形の前で、ご家族でお嬢さんを囲んで写真を写されて、送ってみえます。

 とてもかわいくて、嬉しくなってスタッフ一同よかったねよかったねと話します。

 できたら、送って下さった写真や画像をみなさんに公開できたらと考えることもあります。

 でも、個人情報の関係でお見せできません。

 お許し願いますと、心よくよろしいですよとおっしゃって下さる方もいらっしゃいます。

 でも今後ご迷惑になったらと思いますと、やはりやめます。

 写真の中のお嬢様のお顔だけハートマークなどと考えたこともありますが、スタッフ一同やはりやめましょうということになりました。

 お名前はもちろん住所も伏せてと考えましたが、大切なお預かりのひな人形を公開することは、避けることにしました。

 これからリメイク・リサイズされる方で、よく写真をとおっしゃる方もいらっしゃいますが、このような訳で失礼します。

 その代わりに、ケース、台、三段台、収納箱の写真をできるだけ用意してお送りしますので、それをご覧下さいましてお考えになってお決め下さるようお願いします。

 お気軽にメールでお問い合わせ下さいますとお答えします。

 お電話ですと、係が留守でしたらのちほど又は後日ご連絡します。

 よろしくお願いします。

 

人形のやまだはコチラ

 

-ひな人形について

© 2023 福井県の老舗人形屋、山田のブログ