リサイズ・リメイク

ひな人形のリメイク・リサイズの今年の事情について

 2021422日に道の駅「越前おおの荒島の郷」が開駅(オープン)で、オープン時はもちろん、現在も多くの人がご来場下さいましてありがとうございます。

 晴天の日は遠方から、雨天の日は近在の農家の方々やお仕事できない人が多くみえます。

 どなたかがおっしゃっていましたが、大野の軽井沢かしらとそのような感じがします。

 晴天の日は、アウトドアスポーツやカヤック体験や近隣の日本の百名山の一つの荒島登山や、大野市内にある日本の二百名山の能郷白山、日本の三百名山の一つの経ヶ岳で登山をされます。

 雨天の日は、お子様連れの方は館内のボルダリングの広場ですべり台やハンモックを楽しまれます。

 同伴されたご両親やおばあちゃまやおじいちゃまが、いっしょにお子様お孫様の活躍する方々をご覧になっています。

 モンベル店内では、全国の登山ファンの方々がいらして、レストラン等で山談義にお話しが弾みます。

 世の中はコロナ渦で大変な時に、楽しそうにマスクをかけて絶えず消毒をなさってくつろがれています。

 こちらも拝見していて、平和な時間がゆったりと流れて、至福の時を過ごされている多くの人々を見て幸せ気分でいっぱいです。

 ぜひご覧になった方は、コロナが落ち着かれましたらぜひお出かけ下さい。

 詳しくは、以前のブログでマップをご覧下さい。

【人形のやまだも出展】道の駅越前おおの荒島の郷について

 現在のところ無休で9時~5時開館です。

 

ひな人形のリメイク・リサイズの今年の事情

 ひな人形のリメイク・リサイズのお問い合わせ、ご予約今年もありがとうございました。

 今も継続してリメイク・リサイズお受けしています。

 今年の傾向は、毎年のことながらコンパクトにシンプルにできるだけ小さくが多いです。

 もちろん中にはひな人形7段15人を全員、道具九品を全部そのまま残すために、広い三段の段で残される方もいらっしゃいました。

 7段の段のひな人形は、およそ間口70cm~135cmまであります。

 その人形、道具をのせるには、3段の段は間口120cm~150cmでないとみな飾れません。

 7段から3段にかえることで、奥行は150cm~120cmくらいにかわります。

 まず高さが7段は180cmから3段の150cm前後にかわります。

 実際、お持ちのおひな人形の殿、姫によって、リメイク・リサイズの大きさがかわります。

 実際お話しをお伺いすると、スペースが無いからリメイク・リサイズされるのか、7段の段が扱いが大変だから、3段になさるのかじっくりお聞きします。

 お伺いすると、面倒だから7段を3段に変更します、でもお持ちのお人形、道具はすべてそのまま残されることをお望みになります。

 段だけ小さくコンパクトになっても他のものが残るから、収納スペースは段以外はそのまま収納で残ります。

 7段の段を3段にされると、

  • ひな人形は15人を2人に
  • ひな人形は15人を5人に
  • ひな人形は15人を10人に

のようにされます。

 2人は殿・姫(親王)、5人は親王・三人官女、10人は親王・三人官女・五人囃子、12人は親王・三人官女・五人囃子・仕丁にされます。

 統計をとりますと、リメイク・リサイズされますと圧倒的に2人です。その次に5人、10人と続きます。

 お人形のリメイク・リサイズを決められると、次は道具を検討されます。

 まず、屏風、ぼんぼり、桜花、みな残される方と、屏風のみ、ぼんぼりのみ、桜花のみの方と分かれます。

 屏風も金屛風2枚をそのまま使われる方と、金屛風1枚だけにされる方もいらっしゃいます。

 リメイク・リサイズにあたって、屏風を新調される方もいらっしゃいます。

 屏風も金屛風、ししゅう入り屏風、本金の屏風等多種多様です。

 屏風に五月人形の様に紋を入れてとおっしゃる方と、あまりに屏風が大きいので左右カットして狭くしてとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 間口は広くてもよいとおっしゃる方は、上下縦に短くして低くしてとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 もちろん元のままの模様、絵柄はそのまま残してとおっしゃる方もみえます。

 屏風が汚れているからとおっしゃるからには、上からそっと彩色したり見た目が分からないように手を加えます。

 即綺麗になる場合もあれば、時間をいただいて考える場合もあります。

 一つ一つの作業でゆっくりお待ち下さって、数カ月~1年くらいかかることもあります。

 道具もこのようで、お人形もこのように丁寧にスタッフみんなで相談しあって作業を進めます。

 みんなでお人形の衣裳の汚れやお顔のいたみは一つ一つ数人で確かめます。

 念には念をいれて、ご縁があってやまだに届いたお人形、道具はなんらかの形でできる限り綺麗に、元通りにはならなくてもそれなりにと考えます。

 万策つきるとしばらく休んで、他のお人形や道具の作業にかかります。

 いったん休んでまたそのお人形に戻ると、改めていい考えが浮かぶこともあります。

 以前もこのことは申しましたが、リメイク・リサイズの修理、修正は時間をいただいて、ゆっくり考えることにしています。

 完成してお手元に届いて飾られて、皆様でご覧になってリメイクして良かった、リサイズして手軽にこれから飾られるとおっしゃられるのが私共の一番の喜びです。

 お急ぎの方は、お急ぎとか期日はいつまでとおっしゃって下さいます。

 修理、修正がなければ、早くすむようになります。

 段とか収納箱、ケースの手配ですみます。

 段、ケース、収納箱は規格ですと早いですが、特注、規格外ですとお時間をいただくこともあります。

 メーカーの倉庫を探して、在庫があれば早いです。

 お見積りを提出してご了解が出れば、発注します。

 

さいごに

 本日は、リメイク・リサイズの作業について申しました。

 こうして申し上げて、時間がかかりますこと申しました。

 千差万別で、最初にご予算とスペースをお聞きして、そのような形で飾って画像をお送りして、1回で決定される方もいらっしゃいます。

 はやくて数日で決められて、リメイク・リサイズを送られる方もいらっしゃいます。

 個々によってご希望が違いますのでいろいろです。

 

 迷われていらっしゃる方や、今年こそはとお考えの方は、お問い合わせ等はメール、お電話でお聞きします。

 よろしくお願いします。

人形のやまだはコチラ

-リサイズ・リメイク

© 2023 福井県の老舗人形屋、山田のブログ