ひな人形について

ひな人形のしまい方について

3月を迎えお問い合わせが多くなりますのは、お持ちのひな人形のしまい方、片付け方をどうするかです。

簡単にご説明します。

ご質問等ございましたら、現在はメールでお願いします。

 

ひな人形のしまい方、片付け方

ひな人形をしまうには、天気がよくて湿気のない日がよいとされています。

お人形の顔や衣装、お道具類には、ホコリがついています。

毛ばたきでよく落としてからしまいましょう。

 

 

顔や手の部分は素手でさわらないようにして下さい。

顔や手のところは、柔らかい紙(ティッシュ等)でくるみます。

 

 

お人形やお道具をそれぞれ柔らかい紙でくるんで、ホコリがつかないようにして下さい。

 

持ち道具は取り外して、それぞれ決まった袋の中に入れましょう。

 

お人形やお道具は、それぞれ決まった箱の中に納めて下さい。

飾る際に箱を開けた時の収納状態を写真に撮っておくとしまう時に便利です。

 

大きな箱の中にいくつかのお人形やお道具を入れる場合には、中でぶつからないように、隙間にうす紙などを軽くつめて下さい。

防虫剤を入れてよいかどうかは、表示ラベルなどをよく見て確かめましょう。

防虫剤を入れる時は、お人形専用防虫剤が最適です。

しまい方ワンポイントアドバイス

おひなさまはいつしまうの?

ひなまつりが終わった後、なるべく早くしまうとされていますが、天気がよく、空気が乾いている日を選んでおしまい下さい。

天気の悪い日は、湿気を含んでおりカビや虫食いの原因になります。

早くしまわないと婚期が遅れるなどと言いつたえられていますが、特に根拠はないので気にする必要はありません。

それより長い年月飾る人形ですから、しまい方(保存状態)が重要です。

ひな人形の片付けに必要な道具は?

毛ばたき…ホコリを払うとき使います

柔らかい紙(ティッシュ等)…お人形の顔を包みます

乾いた布…塗りの部分の乾ふきに使います

うす紙…おひなさまが動かないよう、隙間に柔らかく丸めて包みます

防虫剤…お人形、ぼんぼり、桜橘に入れます

※防虫剤はひと箱に1個とし、おひなさまなどに直接触れないように注意して下さい。

また樹脂製品には入れないで下さい。

表示ラベルでお確かめ下さい。

違う種類の防虫剤を一緒に入れないで下さい。(例/ナフタリンと樟脳)

 また、毎年同じ防虫剤を使用するようにして下さい。

大野市でのひな祭りのイベントについて

「第12回 越前おおのひな祭り」、「第3回 越前おおのひな祭り 荒島の春風」も好評をいただき、毎日多くの方がいらっしゃいます。

3月10日(日)まで開催しています。

ぜひお誘い合わせのうえ、お出かけ下さい。

人形のやまだはコチラ

-ひな人形について

© 2024 福井県の老舗人形屋、山田のブログ